TickTacMouseMover

Arduino Leonardoはマウスやキーボードと同様の信号をUSBで送ることができる。
Arduino Leonardoに接続したボタンを押下すると、パソコン上では「m」が入力されたものとして処理したり、マウス100px移動や、それら複数の処理を組み合わせた信号を送ることもできる。

そこで、Arduino Leonardoと同じチップを使ったArduino Pro micro(互換品)を使って、4分30秒(270秒)毎にマウスを1pxだけ左または右に移動させるデバイスを作った。
おまけに、起動時には10pxだけ左右に揺らすようにして、動作していることを明示するようにした。

想定利用シーンは、「5分間操作が無いとPCがスリープ(サスペンド)をしてしまい、復帰するのに手間がかかってイライラしている」状況。
USBに刺しておけば、不意なスリープが行われないはず。

↓こういうやつ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MTF9WCH/

◆ソースコード
https://github.com/umhr/TickTacMouseMover

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください