loadしたファイルを確認したり

SWFのバージョンチェッカー。
最近はxmlやpngを外部ファイル化して、更新性を高める作り方当たり前になっている。
同様にswfもアニメーションパーツとして差し替えが聞くように作るわけだけど、そのアニメーションパーツはAS3.0対応してくれないのと制御がめんどくさい。本体をAS3.0で作っているから。


PNG画像なら、「200Pixel x 160Pixelのアルファつきで作ってください」と言えば、Web屋さんならだれでも対応できるわけだけど、更新ファイルがswfである場合には、出来上がったものが、確かに「ステージサイズ200Pixel x 160PixelのAS3.0」で作られたものかどうかの判断がつかない。特に、Flash以外のアプリで書き出されたものの場合は書き出した本人にもよくわからないのだ。

だからと言って「どっかのフリーのチェッカーアプリをインストールしてチェックしてください」とも言いにくい。

そんなわけで作ってみた。

loadしたファイルを確認したり – wonderfl build flash online

▼ActionScript AS3(FP10)

1 Comment

Comments closed